3分で読める★リーマンライフハック

3分で分かる★リーマンライフハック

お仕事と家庭のTIPSを書いていきます。

オススメ漫画「キレる私をやめたい」

ニッタチャンです。

必読のオススメ漫画を紹介します。

<本稿の対象者>

・たまに夫にキレてしまい自己嫌悪に陥りがちなママ

・ヒステリー気味の妻を持つ旦那さん

 

本日のオススメは田房永子さんの「キレる私をやめたい」です。

 

この本は、ウチの嫁がふらーっと買ってきた本です。

 

嫁によると、図書館で借りようとしても40人待ちの「密かに女性に人気になってる漫画」だそうです。すごい。

 

ウチの嫁は「不満を溜め込んで、たまに暴発する」というタイプなので、表題に惹かれてガス抜き的に買ってきたようです。

 

女性、特にママさんは、大なり小なり、夫にキレる不満要素を持っているのではないでしょうか?

 

不満への耐性が異常に低い、特に家庭内で暴発してしまいがち・・・すぐキレちゃうという人、そんな方にオススメです。

 

また、嫁がヒステリー気味で精神的に疲れている旦那さん。またはイケメンパワーが不足しており、家事の手伝いや嫁への上手な声かけができてないことに悩む旦那さんにもオススメです。

 

内容としては、すぐキレてしまいがちな、ある種のヒステリー症を持っている筆者が、自分なりに解決策を見いだしていく漫画が面白おかしく描かれています。

 

赤裸々に筆者の「ブチ切れ話」が描かれており、ケンカに悩む全ての家庭で読むべきだと思いました。 

 

「夫イクメン化計画奮闘日記」のダメ旦那とは違い、田房さんの旦那はステキな感じで、奥さんのぶちギレを華麗にスルーしますが、そんな「ちょっと上手い」ところがモヤモヤしてぶちギレの遠因となる・・・育児家庭には「ありがちな」展開です。

 

papantt.hatenablog.com

 

オススメは夫婦で読むことです。

 

すごくためになったのは、会話のときには「相手の状況」と「相手の心」のどちらに話しかけているか意識することです。

 

例えば、旦那さんが好い人だけどコミュニケーションに悩んでいる人に対して「あんたの旦那は好い人だから我慢しなさい」だと、なんの解決にもガス抜きにもなりません。

 

欲しいのは「好い人でもコミュニケーションできないときってあるよねー」のようなガス抜きだったりします。

 

会話を受けるときも、まぁこいつは状況にだけ反応してるだけだからしゃーない等と受け流したり、「あんたはこっちの悩みを見てくれてない」等と本質的な話をしたりできると思います。

 

一読の価値ありです。

 

 

ステキな夫婦生活を。

 

 

 

ではでは!