3分で読める★リーマンライフハック

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3分で読める★リーマンライフハック

サラリーマンでイクメンの筆者が「仕事」と「子育て」についてライフハックメモを垂れ流すブログ

赤ちゃんのイタズラ防止目的において「どんとキャット」という人工芝が効果テキメンな件

こんにちは!ニッタチャンです。

今日は1歳前後の子供を持つ親御さんに対してメモしました。

ご紹介できるオススメの逸品があります。

本日のキー・メッセージは1つだけです。

 

赤ちゃんのイタズラに困ったら、

「どんとキャット」を買え!

 

・・・そうです、100円均一で売っているコレです。

f:id:yuyanitta:20161011211854p:plain

 

ご存知ない方に一言で説明すると「針山を尖らせた、かなり痛い人工芝」です。普通の人工芝は針山が柔らかく、曲がっていて触ってもザリザリする程度ですが、どんとキャットは針先がとがっていて触ると大人でも非常に痛く感じます。目に触れたり、よほど強く打ち付けない限りはケガしないようですが、触るとすぐに本能が「これはヤバイ」と反応します。これを触り続けていられるのは修行僧かよほどのドMしかいないと思います。

 

ハイ、そうです。名前の通り「ネコ除け」です。

 

ネコがニャーニャーうるさい時は、これを仕掛けるとネコが寄ってこなくなります。痛いからです。肉球ダメージです。このシステムは単純ですが有能で、全く同じことが赤ちゃんに対しても適用できるということです。

 

さて、本品で対象者となる赤ちゃんですが、1歳くらいになると、ハイハイが高速化するとともに、おもちゃを駆使した散らかしやイタズラが高度化してきます。そんな赤ちゃんの成長はパパ・ママ達には嬉しい反面、対応が大変ツラくなってきます。更に言うと、おもちゃ等壊れてもいいものをイジりたおすならいいものの、危険物や汚物に触り出すのはいただけません。ベビーの奴らはまだ半分野生です、分別がつきません。

 

そのような赤ちゃんのハイパーイタズラ化に対して、人工芝、特にどんとキャットが効果てきめんなのです!

 

ウチの娘の場合、コンロとゴミ箱の前に近寄ってくるので、どんとキャットを設置しました。野生といいつつ人間の赤ちゃんは賢いので「やべぇ、これマジで痛いぞ」と感じるようです。まともな赤ちゃんなら一度触ると泣いて、それ以降そこに近寄らなくなります。ウチの娘はそうでした。(それでも近寄り触り出すドM赤ちゃんの場合は逆に危険なので使わないようにしましょう)

f:id:yuyanitta:20161011213206p:plain

 

ちなみに、トイレにも仕掛けています。ママがトイレをしていると、ウチの娘が便器のサイドに来て触り出すので衛生的によくない、ということで設置しました。すると、娘は「これはまずい」と思ったのか、トイレのドア付近で「ママ~、ママ~」と呼びかけるだけになったそうです。すごいぞどんとキャット!

 

このすごいやつ。Amazonだと売っていません。でも100均一で全国どこでも買えるのでおすすめです。

 

「イヤイヤ、そんな危険な芝を買うことはできない!」という人は、まずはノーマルな人工芝を買ってみましょう。それでも結構効果はあると思います。

 

 

人工芝スクエアマット・芝丈30mm / 30cm角

人工芝スクエアマット・芝丈30mm / 30cm角

 

 

 

奥さんが「もう赤ちゃんのイタズラにうんざり!」と言っている場合は、ご機嫌がどんどん悪くなっていく前に、どんとキャットや人工芝を購入することをおすすめします。

f:id:yuyanitta:20161011214958j:plain

 

トリックオアトリート!

ではでは!